<住基ネット>来年度は離脱せず…名古屋市長、半年かけ検討(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は1日の定例記者会見で、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)から10年度は離脱しないことを明らかにした。市長は1月19日に原口一博総務相との面談で離脱の意向を伝えた後、記者団に「新年度予算には(必要経費を)計上しない」と語ったが、この日は一転、必要経費を計上した上で外部委員会で半年間かけて有用性などを検討し、結論を出す方針を示した。

 市長は、来年度の住基ネット離脱を見送る方針に転換した理由について、「既に市民サービスに組み込まれており、十分な市民合意が必要だ」と説明した。外部委は5人程度で、住基ネットの安全性や有用性を検証する。発足時期やメンバーは検討中で、切断した場合の代替手段などについて議論する。【丸山進、岡崎大輔】

【関連ニュース】
名古屋市:住基ネット離脱に意見50件 賛成1、反対35
名古屋市:住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達
住基ネット:名古屋市が離脱へ 河村市長、総務相に伝える
住基ネット:名古屋市離脱 市に意見50件−−賛成1、反対35件
ことば:住民基本台帳ネットワークシステム

明細書発行を義務付け=来年度から患者全員に無料で−中医協(時事通信)
<長崎知事選>最多7人立候補(毎日新聞)
ドナーカードの様式で議論―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
福祉サービス拠点に 都立梅ケ丘病院跡地、世田谷区が取得へ(産経新聞)
窃盗容疑の男、池で水死=重文「観音坐像」盗難事件−福岡県警(時事通信)
[PR]
by nor7zmjgaf | 2010-02-08 06:25
<< 【中医協】歯科初再診料の引き上... 北朝鮮不正輸出事件初公判 貿易... >>