白バイ隊員が拳銃自殺 茨城県警の合同庁舎トイレ内(産経新聞)

 3日午前8時ごろ、水戸市東野町の茨城県警合同庁舎1階トイレの個室で、交通機動隊の男性巡査(21)が便座に座ったまま頭から血を流している状態で発見された。巡査は病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 茨城県警交通機動隊の調べによると、巡査に貸与されている拳(けん)銃(じゅう)が腰からぶら下がったままになっており、拳銃による自殺の可能性が高いとみられる。

 同隊によると、巡査は平成19年に警察官となり、今年4月、交通機動隊に入隊。5月下旬に白バイ訓練中の転倒で背中を打撲するけがを負い、入院と自宅療養を経て職場に復帰したばかりだった。これまで無断欠勤や変わった様子はなかったという。遺書は見つかっていない。

 この日は定例の通常点検のため同僚2人と県警本部に向かうところだった。出発直前、巡査が「トイレに行く」と言ったまま戻ってこないため、不審に思った同僚が探したところ、自殺を図っているのが見つかった。拳銃の発射音は聞こえなかったという。

 加藤久雄・交通機動隊長は「誠に遺憾で、今後はこのようなことがないように努めていく」とコメントしている。

【関連記事】
連続34時間勤務!新婚3カ月の工員が過労死か 連続自殺の中国・深センの工場
自殺防止対策に職場健診やメール相談を実施 厚労省まとめ
iPadの工賃、中国で引き上げか 自殺続出で
【News解説】子供の保護優先 画像拡散を防止
中国携帯メーカーで相次ぐ自殺 軍隊式管理のストレス? 一人っ子世代のひずみ?
「はやぶさ」帰還へ

薬局経営者殺害、男に無期懲役=求刑は死刑―別の強盗殺人で服役中逮捕・大阪地裁(時事通信)
<地震>岩手、宮城で震度3=午前7時39分(毎日新聞)
地デジ普及へ阪神・鳥谷らがPR 甲子園球場(産経新聞)
将軍の生活描いた浮世絵展、川崎で7日から(読売新聞)
首相、退陣拒否 きょう再会談(産経新聞)
[PR]
by nor7zmjgaf | 2010-06-07 14:02
<< 南アW杯 日本と意外なかかわり... 申込者数20.3%増に=国家I... >>