死亡補償金は最大3300万円=新型ワクチンの副作用救済−厚労省(時事通信)

 新型インフルエンザワクチンによる副作用で健康被害が出た場合の救済について、死亡時の補償金を最大約3300万円に増額する方針を厚生労働省が固めたことが11日、分かった。同省は新型ワクチンの接種を円滑に進めるため、予防接種法を改正し、補償額を増やすとしていた。
 政府は12日にも予防接種法改正案を閣議決定し、近く今国会に提出する。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
通勤混雑回避わずか16%=昨年の新型インフル確認時
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か-09年患者激減、「排除」へ正念場
国産インフル薬、相次ぎ名乗り=点滴型や新作用で選択肢拡大

新生活を録りつくす新オリンパスペン「E-PL1」に死角なし【新生活特集】
大学生の就職内定率、過去最低の80・0%(読売新聞)
<田名部元農相>次期参院選立候補せず 政界引退へ(毎日新聞)
日教組委員長、政治活動の正当性強調(読売新聞)
<新潟市美術館>文化庁方針に市長不満 仏像展示問題(毎日新聞)
[PR]
by nor7zmjgaf | 2010-03-17 12:37
<< <保険金殺人>上申の元組長 東... 「たまたま死ななかっただけ」腎... >>